• ホーム
  • Googleに評価されやすい被リンクの方法

Googleに評価されやすい被リンクの方法

PCを使っている女性

外部リンクは検索エンジン最適化の対策をしている時に、とても重要な役割を持っています。
Googleが正式に外部リンクを評価する要素として認めていることから確実とされているので、コンテンツの内容を理解して評価を行うようにします。ユーザーがテーマを読んで価値があるサイトやページだと評価することが必要で、それらは良質なユーザーがサイトで紹介したり引用することで被リンクが増えていきます。
被リンクが多いページに関しては、たくさんのユーザーから推薦されているという評価の証拠になります。SEO対策をとる時には、内部対策も大切ですが外部対策だけにとらわれることなく、被リンクにも気をつけます。
ドメインパワーは中古ドメインが持っているドメインの力で、以前使用されていた時の評価をそのまま受け継ぐことができる力です。テーマ性が高いようなユニークなコンテンツを掲載するのであれば、内部リンクの最適化を意識します。検索順位の上位表示はドメインパワーによって、サイト運営直後から位置付けられるケースもあります。上位表示されると必然的に多くのユーザーの目につくことが多く、最終的に流入してくる読者が増えるという結果になります。悪質な中古ドメインの販売会社で悪質な中古ドメインを購入すると、以前スパムSEOを行なっていたりペナルティが科されているケースもあり、評価がかなり下がります。どのドメインパワーももれなく受け継ぐ形になるので、購入する時には販売会社の質を見分けることも大切です。
自然リンクがつくことも大切で、検索エンジンはサイト同士のテーマで結びついているのかも評価の一つになっています。自分のサイトと同様のジャンルで信頼性が高いサイトからリンクを得ていることが効果的で、テーマも関連しているケースが望ましいです。ユーザーの目線からサイトを見ることで、リンク元や自分のサイトの関連性が自然な形であるかを確認しておく必要があります。
自作自演として、被リンクを貼っているとみなされるケースもあるので注意が必要です。基本的にリンクを貼ってくれているサイトは、ユーザーのニーズを満たしていたり、検索エンジンから質の良いサイトと評価されているサイトから、被リンクを設置されているケースもあります。サイトやドメイン自体の評価を判断するひとつの方法として、注目されているのはドメインオーソリティと呼ばれるものです。ペナルティが科されていない中古ドメインを取得することが大切です。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索