• ホーム
  • 聞き慣れない構造化マークアップについて

聞き慣れない構造化マークアップについて

構造化マークアップは構造化データテストツールを使った、検索結果での表示が最適化される可能性のあるものです。キャプチャは基本的に構造化データマークアップされた時に、Google検索結果にて、反映されているリッチスニペットの一覧となっています。最適化をするときはカルーセル表示も大切で、構造化マークアップを行うことは検索結果での表示がリッチスニペットになっていることです。
サイトへユーザーが流入することもありますが、その促進が期待できるというメリットがあります。検索エンジンに対応しているリッチスニペットの一覧として、構造化データテストツールにて必ず検索結果の表示に反映されることは保証されていません。
リッチスニペットにて表示される方法は、リッチスニペットの品質ガイドラインにそっていたり、検索クエリと記事コンテンツの理解方法も大切です。またリッチスニペットが表示されるには、各条件が満たされていることも大切で、必ず反映されるとは限りません。
Googleの検索エンジンから解釈するような構造化データのフォーマットとしては、JSON-LDが代表的です。この方法は構造化データマークアップでは、schema.orgに存在するボキャブラリと言われる構造化データ用のスキーマを使用して調べています。schema.orgは基本的にインターネットを始め、電子メールメッセージなどの構造化データ用のスキルが必要になります。作成から管理・宣伝まで行う使命を保ちつつ、共同作業であるコミュニティ活動が必要です。
schema.orgのボキャブラリに関しては、JSON-LDでもエンコーディングを行ないます。このボキャブラリは、アクションでもあり適切に文章化されています。一見難しく感じてしまいがちなプラグインですが、初心者向けの利用しやすいものや無料版もあり、実は誰でも簡単に利用しやすくなっています。理解することは簡単で、プラグインの種類も様々です。
モバイル対応のものにサイトを自動再生できるものは、問い合わせフォームなどを使用します。差し込むという意味合いがありますが、ほとんどの場合の体験はせず単体で機能していません。中心としているソフトウェアには追加されているので、初めてそれらが機能します。色々な目的がありますが、それらの対応している多くのプラグインが用意されています。これによって構造化データマップを使用していきます。

関連記事