• ホーム
  • 上位表示を狙え!キーワードの選び方!

上位表示を狙え!キーワードの選び方!

キーボードで入力する手

上位表示は検索ボリュームが100以上から1,000以下を目指すことで、1記事を上位表示にすることができます。
キーワードによっても違いますが、これくらいが定期的に行われます。ロングテールは基本的に、特定のキーワードにおける上位表示だけには止まらず、関連している色々なキーワードでサイトを大きくさせようとするSEOのことです。購買しようとする気持ちに近い検索を行なっているユーザーを獲得することで、サイトに流入して閲覧して購入をしないということをできる限り少なくしていきます。
ロングテールは定期的にツールを使って上位にある人気商品の売り上げを上回らせるという、ロングテールの法則が現在は重視され始めています。
SEO対策では同様にアクセス数を集めているサイトにおいて、人気キーワードからのアクセス数を気にしているケースもあります。ツールが少なくキーワードを積み重ねているものが、上回ることがほとんどなので広範囲にわたって実現をさせます。ニッチな検索ボリュームが100未満である競合キーワードや、1,000以上のものであれば、前者は収益につながる場合は書くと良い結果になります。複合サイトなどで売り上げを伸ばすためにコンテンツを作っている場合は、ほぼ検索されないキーワードで可能性を見つけます。競合サイトではどのようなキーワードが検索されているのかを調べ、ほとんど検索されないものはスルーします。メインコンテンツで上位表示を狙っているときは、ニッチなキーワードを狙うべきだというケースもあります。複合サイトで記事を分割させないと上位表示が難しいと言われることもありますが、それらは確認をすることで可能性も見えてきます。
月間の検索ボリュームが目標を満たしていて確認をしていても、上位表示をすることは難しいケースもあります。しかし、細かな流入を積み重ねていくうちに、サイト全体をより幅広く、より絞り込まれた検索ボリュームにしてくれます。豊富な検索でユーザーの流入を確保できる場合は、人気のもので大幅な順位変動があった時で、問題がない場合もあります。安定した検索流入を獲得することが目的で、さらに目的達成できるのはこの方法から得たものです。外部からの要因によって、売り上げ低下などのリスクも低減できます。ニッチな全てのものを狙って上位表示させることは、ひとつひとつを細かく最適化していくことにつながります。基本的にロングテールは流入を確保するパターンとなっています。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索