• ホーム
  • ユーザーフレンドリーも考慮した記事の書き方

ユーザーフレンドリーも考慮した記事の書き方

PCで作業する人

Googleが提唱している文字サイズやフォントサイズは16pxと行間は1.2emとで、定義されるのは読みやすいフォントサイズです。これはいつでも確認することができ、ピクセルの基本フォントサイズを使用しています。ブラウザのデフォルトは様々な端末で期待通りに、誤字脱字を知ることができます。吹き出しや見出しなどは自由に付け加えることができますが、一番好まれるサイズを使用することで、さらに見やすいコンテンツを作ることが可能です。
端末の画像や行間などは記事によって表示の仕方が変わってきますし、改行をすることでリスト化も確実に行えます。文字サイズはひとつだけではなく、誤字脱字や吹き出しなどを見せることができますし、見出しの中からリストを作ってコンテンツ作りに活かせます。解像度ごとに表示サイズを書いていくことは不便なので、それを防ぐためにユーザーの設定でサイズを調節できるようにしてあります。行間については特にルールがなく、画像や改行を挿入することも問題ないです。
基本的な考え方として、ユーザーがコンテンツを見た時に読みやすい記事かということを考えます。ユーザー側で見やすいフォントサイズに設定できる機能もあり、人によって違うとされる好みの大きさにします。明確な文字サイズが決めたルールはないですが、ユーザーが極小を選択したとしてもできないケースがあります。細かくルールがないことで、ユーザーの好きなサイズに選べることができ、選択肢を用意してあることが基本的に推奨される方法です。サイトにはルールがないのですが、ユーザー調査を常に行っていて、ユーザーから見た利便性をルールとしていることもあります。どのような情報を提供されると効果的で読みやすいのかは、制作者にとっては大きな課題です。この設計はユーザーを基準にして様々なことが決定されているので、これだという正解がないことも特徴となります。ウェブを使う時には多くの人が、Googleでの検索エンジンを利用しています。Googleが決めたルールに従わせる力を持っていることは事実ですが、モバイルフレンドリーのテスト結果によりルールに沿って改善が行われました。ウェブサイトの括りではなく、モバイル対応での閲覧ではアプリのルールも存在しています。ユーザーにとって使いやすいことを基準にしてルールを決めているので、そのための調査にも妥協はしません。ウェブでのフォントルールに従いながら、質の高いコンテンツを作っていきます。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索