• ホーム
  • ネット上の画像や記事を使いたい!どこからが著作権侵害?

ネット上の画像や記事を使いたい!どこからが著作権侵害?

人が独自で作り出しているものである画像や文章などは著作物といい、それに対して、それらを作っている人のことを著作者と呼びます。
著作権侵害は著作物が他の人によって無断で使用・利用されたり、転売されるような行為のことで、著作者が著作物を法的に守る権利を著作権といいます。
画像や文章の中で著作権が認められることもありますが、無断でこれらを使用したり転載することは著作権侵害となり違法行為でもあります。しかし、他の人が作っている画像や文章を利用しても、全てのケースで違法行為になるわけではなく、表現物の利用を制限しすぎているわけではありません。
国内のコンテンツ産業でも、これらの文化の発展も妨げることになっています。これらの事情を考慮しつつ、著作方には引用などを含めたケースが取り上げられています。
例外的にコンテンツを使用しても、著作権侵害とはならないポイントです。著作者の許可を得ていたり、引用や転載が可能だということを言っている著作者がいる場合など、どれかに当てはまると著作権侵害にはなっていません。
公共機関でも引用のルール・条件に則り、検討していくことが改変できるコツです。公共機関は順番に確認していきますが、記事全体に他の人の画像や文章を転載している時には、それを前提としてそれらの画像などが著作物として保護されていることがポイントです。評価できないものとして落書きなどの著作物ですが、引用元や資料などを探し転載しても、合法的な行為なので引用は検討する必要がないこともポイントとなります。
著作物は内容に合わせてオリジナリティがあるものを指していますが、厳密に言えば全てを満たすものと捉えます。記事の内容には思想や感情が含まれてたり、著作者の個性や表現的なものが含まれています。いずれも条件が揃わないと、著作権に当たらないこととなります。
基本的にありふれている表現や題材などがありますし、歴史的な事実関係のあるデータが言われます。また事実の伝達としての報道なども挙げられますが、プログラムの言語・アルゴリズムなども取り上げます。引用元が資料であるケースもありますし、事実の伝達にしか使われないようなことも対象外です。改変は難しいこともあり、著作権法は表現自体を保護するものなので、許可の条件を満たしていません。自由に利用できるような著作権の保護対象にはなっていないことも特徴です。これがアルゴリズムによって頻繁にアップデートされます。

関連記事