• ホーム
  • トリプルメディアってなに?どう活用する?

トリプルメディアってなに?どう活用する?

トリプルメディアとは基本的に、デジタルマーケティングの時代に生まれた考え方で、消費者が接触しているメディアを分けたものです。
広告を出稿するメディアや自社での管理運営をしているメディアなどは、消費者がコミュニケーションを通じて評判を得ることに徹しています。
各種メディアの特徴としてトリプルメディアと言われているものは、有機的な連携をさせていくことにより、WEBマーケティングへの課題を解決していきます。トリプルメディア課題があり解決手段に特徴がありますが、フレームワークとしてユーザーがペイドメディアに記事やコンテンツを提供しています。
企業が基本的に費用を支払い広告を出稿するスペースを確保していますので、集客力もありますし、ポータルサイトや新聞記事やニュースサイトなどもここに分類されます。フレームワークには掲載されているコンテンツを好んでいる、多くのユーザーがいるので頻繁にアクセスされることとなります。このユーザーに対して広告などのメッセージを伝えていくことが目的です。Googleの構築として、検索エンジンでも検索結果に有料で広告を貼り付けることができる、リスティング広告を提供しているサービスがあります。自社で運営しているWEBマーケティングを構築するときは、企業自身が保有している情報を提供できる、WEBサイトのことを読んでいます。自社で作成する企業サイトや、自社ブランドごとのサイトで自社商品を直接販売していくサイトや、商品に関係している生活情報などを提供しているコンテンツなども含まれています。企業の戦略に合わせて製品・自社サービスに関係していることを、ユーザーに対しても提供することが目的です。基本的なオウンドメディアの一つとして考えられますが、評判や信頼を得ることも一つの目標になります。アーンドメディアは集客を目的にしていて、ソーシャルメディアやサイトなどのプラットフォームを利用しています。消費者からの情報発信を得ることによって成立しているメディアで、発信される内容は参加者によって違うのでコントロールをすることが難しいです。当事者同士での出来事ではなく、第3者とされる消費者の間で情報を共有し合い、信用や評判を得ていくシステムです。企業からの視点ではトレンドなどの評判をここから知ることができるので、双方がコミュニケーションとして活用することができます。さらに、消費者の立場になって広告を作ることができるのもメリットです。

関連記事