• ホーム
  • サテライトサイトはWordPressで効率よく作成

サテライトサイトはWordPressで効率よく作成

サテライトサイトは、メインサイトとは違う別の同ジャンルのサイトを構築していく中で、アクセスを流入させたり被リンクを付与することにより、検索順位を上昇させる外部SEO対策です。
サテライトサイトはSEO対策を行うにあたって有効に働きます。Googleは被リンクがついているサイトを上位表示にする傾向があるので、サテライトサイトをカスタマイズすることにより自分が参考にしたい引用文を掲載することになります。
引用すると、引用元の記事は評価を上げてもらうことができます。ブログソフトで気軽に作ることができますが、Wordpressやnoindexなどがあり、サイトに貼られているリンク数が上がれば、そのサイトも人気度が高いという評価の仕方をアルゴズムが判断しています。
この様子を自作自演で行うサテライトサイトと呼んでいますが、メインサイトでは集めることができないユーザーをサテライトサイトで集客することで、そこでHTMLやPHPも有効になり、リンクを貼ったメインサイトにユーザーを送り込みます。
サテライトサイトは自作自演などで悪いようなイメージも先行していますが、それ自体には問題ありません。しかし質の悪いものもありますが、メインサイトを運営していく時にサテライトサイトがある方がユーザーへの利便性が向上します。
プラグインの存在やブログを取り入れることもできますし、CSSの関係も知る必要があります。ブログソフトはデザインなどを重視していますが、PHPやHTMLなどの存在にも気をつけることが大切です。またCSSはブログソフトでオリジナルカスタマイズができるようになっていますが、Wordpressでもモバイル対応などと同様にサイトに見合っている、役立つプラグインを使用します。
理念にしているサイトもあるのですが、ユーザーの検索方法を満たすような目的もあります。デザインはしっかりしていてもnoindexでも使用するので、内容の把握をしておきます。理想的なWEBサイトに近づけることができるように、ユーザーの検索意図を満たすように目的を持って行います。
リンクを送るために適当な文章を入れているサテライトサイトに関しては、頻繁にペナルティを受ける可能性が高くなってしまいます。ガイドラインでも誘導ページに該当することもあるので、メインサイトとの関連性があるものとして作っていきます。これによりサテライトサイトも、実際に使う頻度が高くなります。

関連記事